アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
かくかくしかじかの部屋
ブログ紹介
このプログは、日頃感じる素朴な疑問について、素朴な意見をのべているお部屋です。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
邪馬台国のまた新たな説がおもしろい
邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/14 18:22
初代タイガーマスクの闘いは異次元
初代タイガーマスクの闘いは異次元 こ、これは本当にプロレスか・・・。と、思わせてくれる、初代タイガーマスクの動き。まさに異次元だ。やられそうになっても、こんな方法が・・・という動きで、敵の技からすり抜ける。ローリング・ソバット、その他の空中戦も本当に見事だ。みててスカッとすること間違いなし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/13 18:47
村上「十兵衛」の剣には凄みがある
村上「十兵衛」の剣には凄みがある 柳生十兵衛ものは、他にもあるが、この村上弘明の柳生十兵衛七番勝負は、何度観ても殺陣が凄くかっこいい。見応えがある。複雑な気持ちを抱えつつ剣の道を行く十兵衛の姿もかっこいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/12 17:09
村上「十兵衛」の剣には凄みがある
村上「十兵衛」の剣には凄みがある 柳生十兵衛ものは、他にもあるが、この村上弘明の柳生十兵衛七番勝負は、何度観ても殺陣が凄くかっこいい。見応えがある。複雑な気持ちを抱えつつ剣の道を行く十兵衛の姿もかっこいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/12 10:47
良いサイコパスと悪いサイコパス
良いサイコパスと悪いサイコパス これまで何冊が本を読んでいるうちに、サイコパス=変質犯罪者とは限らないサイコパスもいるのではないかと思ってきた。ちょっとした事には動じず、冷静に、淡々と物事をこなし、口達者で交渉も見事。確かに共感力は低くて、感情も浅薄だが、多忙な仕事をこなすにはうってつけの人たち。しかも、変な性行やサディスティックさや、暴力性などは持ち合わせていない方々。そういう方々も結構いて、社会でむしろ成功している人々もいるのではなかろうか・・・。こういう人たちを「サイコパス」と呼んでいいのかはわからないが、いわば「良いサ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/11 19:57
サイコパスの素養を持った子どもたち
サイコパスの素養を持った子どもたち 前の書いた記事のほぼ再掲で恐縮だが、人から聞いた話や、本によると、周囲の大人や環境の影響がそんなに劣悪でもないにもかかわらず、小さい頃から人や物に不思議な残忍さであたったり、動物に異様に残虐とも受け取れる行動をするような子どもたちは、とても残念なことに、存在するようなのだ。どうやらサイコパスに関係する遺伝子−必ずしも直接の遺伝でなく、突然変異のたぐいや、転写時の遺伝子の傷、とかもあるようだ−をいくつか持っていて、それが環境ストレスなどで発現し、小さい頃からサイコパスのような行動をとり、様々な治療... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/10 18:36
広汎性発達障害素因とサディズム素因の違い
広汎性発達障害素因とサディズム素因の違い これも、ある人に聞いた話なのだが・・・。少年・少女たちが、殺人事件をおこした時、その成育環境やその時の環境だけで説明しきれなくなると、安易に「その子たちには広汎性発達障害もあった」とコメントするのは大反対である、と言っていた。おそらく、広汎性発達障害の遺伝子周辺メカニズム(たとえばエピジェネティックスなども含む)と、サイコパスやサディズムの遺伝子周辺メカニズムは各々別に独立してあり、その二つがたまたま併存し、かつ、たまたま環境や誘因(きっかけ)が揃うと、事件を起こしてしまうのではないか、という仮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/09 18:24
いじめっ子の13の仮説
いじめっ子の13の仮説 これはある人から聞いたのだが、いじめっ子がいじめる理由は、13くらいあるらしい。 @【正義の鉄槌】ルールからはみ出してる者は、暴力的に制裁していいと勘違いしてる子。暴力手段がとれるのは、警察や自衛隊だけだよと教えてあげないと。 A【正当防衛のつもり】身を守ろうとして、過剰防衛になっている子。まずは逃げること優先と教えないと。 B【かっこいい】暴力はかっこいいと勘違いしている子。ヒーローとの違いを教えてあげないと。 C【動転】恐怖で気が動転して暴力的になってる子。まずはカームダウンを手伝っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/08 18:46
不登校の子とご家庭
不登校の子とご家庭 これも人に聞いた話なのだが・・・ 不登校になる誘因は、もちろん、学校でのいじめや、先生との相性、勉強の悩みなどが多いそうだが、その影に意外と家庭の問題も隠れているという。つまり、ご家庭に余裕がないと、学校で傷ついて家に帰ってきたとき、その子の心を家族が充分バックアップしてあげられず、不登校になおさらなりやすくなるという。こう聞くと憤慨なさる親御さんも多いとは思うが、できればこの話、冷静に受け止めていただけないだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/07 18:28
絵画の技法が巨匠の作品をみながら学べる
絵画の技法が巨匠の作品をみながら学べる 先に、このブログで、「構図」や「配色」の本を紹介したが、この「巨匠に教わる 絵画の技法」は、巨匠の作品をみながら様々な技法が学べる。グレージングとか、ハッチングとか、スフマートとか、ドリッピングとか。美術は素人の私だが、この本をみていると、絵画を鑑賞するときに、「へえー」と感心させられる発見がたくさんあり、とても楽しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/06 18:34
名画は配色で見る人を元気にする
名画は配色で見る人を元気にする 絵は素人の私だが、絵を見るのは好きである。「巨匠に学ぶ配色の基本」は、そんな素人の私に、絵の配色の妙味をおしえてくれた。タイトルに書いたように配色で元気にしてくれたり、すっきり美しい気持ちにしてくれたり、 心を開放して明るくしてくれる。色の対決などもおもしろい。高価なラピスラズリの青で描かれた(と、どこかで聞いたことのある)「真珠の耳飾りの少女」についても載っている。「巨匠に学ぶ構図の基本」と併せて読みたい一冊である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/05 17:37
マチエールとは何か?
マチエールとは何か? 美術素人の私だが、画集に目を通したり、美術関係の番組を観たりしていて、「マチエール」という言葉がわからず、気になっていた。みみずく・アートシリーズの、表現技法エッセンスを読んでみたところ、「画肌のことである」と書いてあった。絵の具を塗るのに、つるつるにしたり、盛り上げたり、ナイフで削ったりして変化を与える表現方法のことなのだそうだ。他にも事と細かく書かれている。ここまで詳しく書いてくれると、素人の私でもなんとなくわかる。とてもありがたい一冊だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/04 11:36
絵画の構図の基本はおもしろい
絵画の構図の基本はおもしろい 美術館に行ったり、画集を手にとったりして、絵をみることが好きな人は多いだろう。私もそうだが、素人故に、何故この絵に惹かれるのだろう?と不思議に思った事が何度かある。そんなとき、いろんな美術の解説書に出会った。そんな先入観なしに絵を感じろ、と言うおかたもいらっしゃるだろうが、私の場合、そんな本の中の一つ、「巨匠に学ぶ構図の基本」はとても興味深かった。もし興味のおありの方、手に取って御覧になると、さらに絵をみのことが楽しくなるかもしれないので、是非お勧めしますよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/03 16:24
邪馬台国のまた新たな説がおもしろい
邪馬台国のまた新たな説がおもしろい 歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/02 18:26
初代タイガーマスクの闘いは異次元
初代タイガーマスクの闘いは異次元 こ、これは本当にプロレスか・・・。と、思わせてくれる、初代タイガーマスクの動き。まさに異次元だ。やられそうになっても、こんな方法が・・・という動きで、敵の技からすり抜ける。ローリング・ソバット、その他の空中戦も本当に見事だ。みててスカッとすること間違いなし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/01 18:34
村上「十兵衛」の剣には凄みがある
村上「十兵衛」の剣には凄みがある 柳生十兵衛ものは、他にもあるが、この村上弘明の柳生十兵衛七番勝負は、何度観ても殺陣が凄くかっこいい。見応えがある。複雑な気持ちを抱えつつ剣の道を行く十兵衛の姿もかっこいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 18:25
良いサイコパスと悪いサイコパス
良いサイコパスと悪いサイコパス これまで何冊が本を読んでいるうちに、サイコパス=変質犯罪者とは限らないサイコパスもいるのではないかと思ってきた。ちょっとした事には動じず、冷静に、淡々と物事をこなし、口達者で交渉も見事。確かに共感力は低くて、感情も浅薄だが、多忙な仕事をこなすにはうってつけの人たち。しかも、変な性行やサディスティックさや、暴力性などは持ち合わせていない方々。そういう方々も結構いて、社会でむしろ成功している人々もいるのではなかろうか・・・。こういう人たちを「サイコパス」と呼んでいいのかはわからないが、いわば「良いサ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/30 18:27
サイコパスの素養を持った子どもたち
サイコパスの素養を持った子どもたち 前の書いた記事のほぼ再掲で恐縮だが、人から聞いた話や、本によると、周囲の大人や環境の影響がそんなに劣悪でもないにもかかわらず、小さい頃から人や物に不思議な残忍さであたったり、動物に異様に残虐とも受け取れる行動をするような子どもたちは、とても残念なことに、存在するようなのだ。どうやらサイコパスに関係する遺伝子−必ずしも直接の遺伝でなく、突然変異のたぐいや、転写時の遺伝子の傷、とかもあるようだ−をいくつか持っていて、それが環境ストレスなどで発現し、小さい頃からサイコパスのような行動をとり、様々な治療... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/29 17:23
広汎性発達障害素因とサディズム素因の違い
広汎性発達障害素因とサディズム素因の違い これも、ある人に聞いた話なのだが・・・。少年・少女たちが、殺人事件をおこした時、その成育環境やその時の環境だけで説明しきれなくなると、安易に「その子たちには広汎性発達障害もあった」とコメントするのは大反対である、と言っていた。おそらく、広汎性発達障害の遺伝子周辺メカニズム(たとえばエピジェネティックスなども含む)と、サイコパスやサディズムの遺伝子周辺メカニズムは各々別に独立してあり、その二つがたまたま併存し、かつ、たまたま環境や誘因(きっかけ)が揃うと、事件を起こしてしまうのではないか、という仮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/27 18:41
いじめっ子の13の仮説
いじめっ子の13の仮説 これはある人から聞いたのだが、いじめっ子がいじめる理由は、13くらいあるらしい。 @【正義の鉄槌】ルールからはみ出してる者は、暴力的に制裁していいと勘違いしてる子。暴力手段がとれるのは、警察や自衛隊だけだよと教えてあげないと。 A【正当防衛のつもり】身を守ろうとして、過剰防衛になっている子。まずは逃げること優先と教えないと。 B【かっこいい】暴力はかっこいいと勘違いしている子。ヒーローとの違いを教えてあげないと。 C【動転】恐怖で気が動転して暴力的になってる子。まずはカームダウンを手伝っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/26 18:30

続きを見る

トップへ

月別リンク

かくかくしかじかの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる