テーマ:学校

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

管理型教育って言葉のひびきが誤解を生みませんか?

さっきニュースでやっていましたが、都留文科大学の研究によると、管理型の教室運営の方が、いじめが少ないんだそうです。いじめが少ないのはいいけれど、こういう運営法を「管理型」と言うと、なんか先生が教室を恐怖政治で締め付けてるようで、なんかイメージいまひとつですね。もっと他の言い方ってなかったんでしょうか?「お世話型」とか「援助型」とか。さい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

心の健康調査

ある情報によると、自殺のあったY県T高校で、「心の健康調査」が行われた、とのことだ。これは悲しい中でもたいへんよいことである。この情報から推測するに、この学校には日頃からこういった悲惨な出来事をなんとかしたい、と思っている教師がちゃんとおり、バックアップしてくれる臨床心理士もちゃんとおり、福岡県臨床心理士会編の「学校コミュニティへの緊急…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

なぜ一部の教師がいじめに加担するのか?

よくわからないが、いじめっ子たちと一緒にいじめに加担してしまう教師がいるという。これはどうしたことなのだろうか?想像するに、子どもたちへの受けをねらって、子ども達と距離をつめすぎ、あまりにも友達感覚になりすぎているうちに、いつのまにか“いじめゲーム”に教師も参加してしまっている、ということか・・・。やはりこれはやりすぎだったのではなかろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめた子の出席停止?

11/26の朝日新聞によると、教育再生会議は、「いじめた側の子どもの出席停止を積極的に行う」という緊急提言をだす方向との事だ。新聞さんというものは、いつも情報のある一面に偏ってしまいがちなようなので、本当に教育再生会議がこう言ったのかはわからないが、この意見には不足しているものがずいぶんあると思う。100歩譲って、緊急処置としていじめっ…
トラックバック:21
コメント:1

続きを読むread more

マスコミの若者自殺報道はおかしいぞ

マスコミはたーだいじめ自殺を報道しているだけで、対策を報道していない。これは若者の後追い自殺を招くだけだ。昔からそうなのでは・・・。対策無き報道は、学校バッシング、文科省バッシングを招くだけだ。自殺予防にはすぐは結びつかない。バッシングをする体質が日本をだめにしているのかもね。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本の学力が別にトップレベルでなくてもいいんじゃないでしょうか

足立区で、学力が下がったから、学力上げた学校に金出す、なんて話してるが、学力だけが学校じゃないのではないでしょうか。社会性とかもっと大切な事があるはずだ。別に学力が世界トップでなくたっていいんじゃないですか?人柄がいい人が多い日本でいいじゃないでしょうか。
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

学校を中心とした育児コミユニティの構築

今テレビで社民党の福島党首が「公立学校それぞれにやること差をつけると、人気のない学校に生徒が集まらず廃校の危機になる」と言っていたが、言ってることはそうかもしれないが、今の流れとズレズレのような気がした。時代は特別支援教育に流れており、来年度からは全国で施行だ。これは広域支援連携も含まれており、これを発展させると、その地域の学校を中心と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more