テーマ:日本史

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい(再々々々々掲)

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい(再々々々掲)

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい(再々々掲)

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい(再々掲)

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい(再掲)

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邪馬台国のまた新たな説がおもしろい

歴史学者の先生たちにもまだ邪馬台国や卑弥呼の正体が、ばらばらの学説がいろいろあって、新しい説が出るたびに、素人の私としては、ふむふむと頭を悩ましていたが、この「天皇家の卑弥呼」はまた目の付け所が違った面白い説が載っていた。興味深く読ませていただいた。 天皇家の卑弥呼:誰も気づかなかった三世紀の日本鳥影社 2018-03-16 深田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「将軍」にくっついてくる、長い名前の謎が少しわかった

昔、もっくんが、NHKで徳川慶喜をやったとき、15代将軍になったときの名前が、「征夷大将軍」だけではなくて、 「源氏の長者」とか「淳和・奨学両院別当」とか、長ったらしい名前がくっついてきてるのはいったいなんだ、と思っていたら、この本、「征夷大将軍 研究の最前線」に載っていた。なあんだ、そういうわけだったのか、と長年の疑問が少し晴れた気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more