テーマ:心理

ブレイブストーリーをみてきたぞ

ブレイブストーリー、なかなか楽しく拝見させて頂きました。主人公が最後まで正義や利他の心を貫くのは、たいへんりっぱでしたが、時にはゴルゴ13のごとく浮き世の義理で汚れ仕事にも手を染めなければならない大人としては、ちと心の痛む展開でもありました。自らの影との戦いもあり、楽しかったのですが、公開時期が悪かった。ゲド戦記と比べると、心の深みがや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲド戦記をみてきたぞ2

影は、精神症候学で言うところの、「実体意識性」(ヤスパース)なのではないか、という見方もできると思います。これは特殊な幻覚に分類されるもので、「自分の後ろに誰かが居る」「横に何かある」など、何もいないのに感じてしまうものだ。統合失調症の初期や経過中に生じる、という話もある。自己や対象のモニタリングに変調をきたしている状態なのかもしれない…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ゲド戦記をみてきたぞ

まあ、なかなか面白かったぞ。影は、ユングの引用だけで説明するのはちともったいない。もっといろいろな言葉で説明できると思う。まあ、そのへんはおいおい説明していこうと思う。死があるからこそ生が肯定できる、というロジックは、説明にもう一工夫あるとうれしかった。あれは心のバランスを崩している人々の心のバランスを、崩れているなりにでもなんとか新し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モニタリングの種類

自己や対象のモニタリングには何種類かあると考えられる(私論)。①自分の内言を他人のものと感じる場合-幻聴。このように自己の感覚や思考を外のものと感じる場合。②自分の情動を他人の物と感じてしまう場合-投影同一化。ま、①に含んでもいいけど。①より“誰からその情報が発信されていると確信するか”より具体的かな?③他人と自分の区別がつかず、他人を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

虐待の現状

あるニュース・ソースによると、虐待される方の児に知的・身体・精神・発達などの障害がある場合が4割近いそうだが、虐待する親の方にも知的・身体・精神・発達などの障害やアルコール依存がある場合が7割なんだそうだ。うーん、これって、なかなか大変な世代連鎖だな。そして、経済的な問題を抱える世帯は4割を超えているそうだ。うーん、障害と経済、泣きっ面…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

再生エラーと抑圧

再生エラーは、干渉説(他の情報による汚染)によるものが優性で、フロイトの抑圧理論はだめだそんなの、という方もいらっしゃるようだが、私はそうは思わない。リコールをするときに、いわば偏在した窓をもった回転板のようなメカニズム(香辛料のびんのふたによくあるものの如く)が記憶貯蔵庫の前にあり、窓がうまく合えばリコールはできるし、回転して窓があい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

投影同一化と心の理論とモニタリング

人の心を推し量れるためには、まず自分の心の自己モニタリング(メタ認知の一種)(オブザービング・エコ゜の一部)ができなければならない。自分の感情の状態とか、言葉にすれば何と考えているか、視覚像としたらどうとか、とか(DLPFCかな?)。それでもって、他人も観察できなければならない(眼窩脳か?)そして、その観察結果と、自分のモニタリングした…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ハードをソフトでおぎなう

今日も阿部寛の番組をみて思ったのだが、やはり(偏見で書いているのではありません。誤解しないでください)やはり認知に関して脳というハードウェアに先天的にくせのある方(広義発達障害)の方は存在して、その方達が社会生活をおくっていくには、記憶内容(コンテンツと言おうか)というか、スキーマを蓄えて、つまりソフトウェアでおぎなっていく、というのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きがいについて

神谷は、生きがいについて、リボーを改変し、以下のようにのべている。(一部改変) 1.生存充実感(美・遊・嬉・快)への欲求を満たすもの 2.変化と成長(冒険や収集の結果)への欲求をみたすもの 3.未来性(目標・夢)への欲求をみたすもの 4.反響(共感・尊敬・役割)への欲求をみたすもの 5.自由への欲求を満たすもの(自我理想と関係…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

特別支援教育をどうするか2

診断・判断は本当にDSMベースでいいのか?もっと深める必要は?学校と家庭と診察室で態度の違う子。脳波やCTはどこまで必要か。思春期発症のてんかんはいったいどのくらいの割合があるのか?予防投薬は本当に意味があるのか?もしけいれんをおこしたら、どの病院に運んでもらうのか?脳波データは拡大母子手帳に記入しておくべきか。運ぶ病院では本音は自分と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別支援教育をどうするか1

H19.4月から、特別支援教育が義務化される。これはいいことだがたいへんなこと。いそいで準備をすすめなければ。3歳児検診や幼稚園保育園でどう早期発見、どう親に説明するか。拡大母子手帳をどうつくるか。療育のハウツーをどう蓄積し、どう普及するか。就学にあたっての連絡。早期発見からもれた子たちのスクリーニングと判定(大量)。納得しない親御さん…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

LDとワーキングメモリ

バッドレーの定義によると、「ワーキングメモリとは、言語理解、学習、推論といった複雑な認知課題の解決のために必要な情報(外、あるいは記憶から)を必要な時間だけアクティブに保持し、それにもとづいて情報の操作をする機構」ということなので、これってLDの定義に随分にているな、と感じてしまう。LDはワーキングメモリと随分密接な関係にあるのかな?
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ACC

前部帯状回anterior cingulate cortex ACCの話をしよう。感情との結びつきは、ACC腹内側部位rostal-ventral region ACCRVRが一枚かんでいるようである。ACCRVRをまた上位で制御している部分ってあるのかもしれない。BPDもAD/HDもACCにも問題がある可能性もあるわけだ・・・。BPD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタ認知

メタ認知metacognitionとは、自分の認知過程を認知し、行動を操作する心の働きである様子。これも勝手な独断と偏見だけど、メタ認知の機能って、3つくらいあるような気がする。①here&nowでやってることをobservationする。リアリティ・モニタリング。②過去のエピソードや元型世界や意味記憶的なものとのreference(回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DLPFC

前頭前野背外側部dorsolateral prefrontal cortex DLPFCは、ブロードマンの9と46野あたりにあり、ワーキングメモリの中央実行系のうち、自己モニター機能と、二重課題の注意配分を司ると言われている。聴覚系で言えば、音韻ループの中の音韻ストア(縁上回とその周りにあり)が保持機構で、ここに保持情報があり、これをモ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

6感バッファと総合バッファ

これはもしかすると、だが、ワーキングメモリには、視・聴・触・味・臭・内臓感覚それぞれにバッファ(だから長期記憶内にはスキーマも)があり、かつ総合バッファ(エビソディックバッファやセマンティックバッファ)もあるんじゃないのかな?バッドリーに手紙でも出して質問してみたいものだ。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

スキーマと妄想

変なスキーマが①幻覚を通したエピソディック・メモリを介して醸し出されるビザールなスキーマの場合②もともと元型(ユング)的に存在している奇妙なスキーマの活性化③これら原始的なスキーマをコントロールする部分(どこ?エピソディック・バッファ?ACC??)の機能不全によって妄想として出てくるのではないか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキーマ

スキーマとは、このブログでさんざん出したところの、“エピソード記憶内容”のことかもしれない。問題を解決しようとして我々が持ち出すのは、エピソード記憶内容であるところの「スキーマ」か。こういうエピソード記憶内容スキーマ(エピソード・スキーマとでも名付けよう)は、経験的に獲得されたボトムアップな概念であり、それはある程度意味記憶内容スキーマ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

中央実行系の脳内モデル

ワーキングメモリの中の中央実行系は、2つの部分からできているらしい。一つはdorsolateral prefrontal coetex前頭前野背外側領域DLPFC。注意制御に関係するらしい。もう一つはanterior cingulate cortex前部帯状回。モニタリングや抑制機構と関係するらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央実行系と思考

前頭葉を損傷すると、中央実行系が障害されるかもしれない、ということだが、前頭葉損傷と、思考の損傷が指摘されている。では、思考と中央実行系の関係とは、どのようなところなのだろうか?集中的思考・・・拡散的思考・・・ワーキングメモリにおける並列処理・・・うーん、考えてみよう・・・。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エピソディック・バッファの謎

ワーキングメモリのサブシステムのひとつに、エピソディック・バッファというのが想定されている。これは、長期記憶のうち、エピソード記憶からの情報の出し入れ・リファレンスを担当している模様だ。だよな。エピソード記憶というのは、単に視覚的にものとか聴覚的なものとかだけでなく、視覚・聴覚・他覚がある程度いりまじった“(場合によっては加工された)思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実体意識性とは

実体意識性とは、ヤスパースの概念と聞くが、幻覚の一種で、“自分の後ろに誰かがいる”“横になにかある”などと、誰もいないし何もないのにはっきり感じられる状態の事のようである。精神病の初期や経過中に生じる、と言われているようである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人はなぜ犯罪に走ってしまうのだろうか

人はなぜ犯罪に走ってしまうのだろうか?そういう人はスーパーエゴのつくりが違うのだろうか?とりあえず、生きるためならなんだってやっちまおうと開き直っているのだろうか?まあ、非合法スレスレをやっている人は多いんだろうが・・・。勝てば官軍、と思っている人もいるだろうか?既成事実をつくっちまって、あとで法律を変えちまえばいいと思っている人もいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近のワーキングメモリ

ワーキングメモリは、最近は、以下のように考えられているようだ。中央実行系(central executive)と音韻ループ(phonological loop)、視空間スケッチパッド(visiospatial sketchpad)、エピソードバッファー(episodic buffer)からなり、音韻ループはさらに音韻ストア(phonol…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害者職業センターについて

障害者職業センターは各県にあり、本部(障害者職業総合センター)は千葉の幕張にある。日夜、障害者の就労相談やその研究にとりくんでいるようだ。最近は、事業主が雇用した障害者を過度に叱りとばす“パワー・ハラスメント”などにも取り組んでいるようだ。 障害者の職業相談は、ハローワークと協同して行っているところが多いようだが、ハローワークの障害者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

興味・疑問はつきない

PDDの方達は、話の裏がよめなかったりする。では、話の裏の読み方のおかしいのが妄想かな? なぜ認知症の方は、記憶が障害されるだけでなく、物とられ妄想がでてきたりするのだろう?記憶だけでなく、思考やreferenceにも異常をきたしている? 発達性認知障害と自我脆弱性の関係は? Schizotypalって何?知覚・思考の歪み? 失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潜在記憶とは

潜在記憶という概念がありますね。これはものの本には、「自分の過去経験を思い出しているという意識を伴わないような記憶」とありますが、いわゆる無意識の領域のものですよね。そしてこれは、長期記憶内容の中の宣言的記憶内容(エピソード記憶内容と意味記憶内容からなる)が無意識化したもののように思います。それから私の考えがものの本とはちょっと違うのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続きです

幼児期に安心感が脅かされた体験と、PTSDと、三種類の意味記憶との関係。言葉で学んだものと、エピソードから自分でつくりあげたものと、元型のような先天性ファンタジーと。これももっと検討してください。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自己臭妄想症

自己臭妄想症というのは、自我漏洩症候群と関係あるのではないか?自我境界の脆弱性というのは、投影同一化も絡んだ、スーパーエゴの歪みと関係した観察自我(メタ認知)が関係しているのではないか?安心感を与えることは、自我境界の強化につながるか?SSRIはスーパーエゴに効く?メジャーは自我境界に効く?醜貌恐怖はいじめっ子の影響などもあって、オブザ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

対人関係には発達の順序がある

私の考えが古いのかもしれないが、対人関係には発達の順序というものがあると思う。それは、二者関係→三者関係→同性の仲間関係→異性との関係、というオーソドックスなものだ。今の子たちは、ともすれば同性の仲間関係を超えて異性関係にいっちゃうからどうも変な具合になるんじゃないか?そう思う。ある人は、今の子はエディプスの去勢体験がたりないから、とい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more