テーマ:いじめ

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の日本式の学校は、今の日本にはもういらないんじゃないのかな?

これは日本について考えたことだ。国によっては、基礎教育が受けられず、文盲率の高い国もあって気の毒だ。 マララさんも、確か、“One child, one teacher, one book and one pen can change the world.”と国連で演説していたが、日本はもう事情が違う、日本の学校はただのいじめ過労我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の日本式の学校は、今の日本にはもういらないんじゃないのかな?

これは日本について考えたことだ。国によっては、基礎教育が受けられず、文盲率の高い国もあって気の毒だ。 マララさんも、確か、“One child, one teacher, one book and one pen can change the world.”と国連で演説していたが、日本はもう事情が違う、日本の学校はただのいじめ過労我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の日本式の学校は、今の日本にはもういらないんじゃないのかな?

これは日本について考えたことだ。国によっては、基礎教育が受けられず、文盲率の高い国もあって気の毒だ。 マララさんも、確か、“One child, one teacher, one book and one pen can change the world.”と国連で演説していたが、日本はもう事情が違う、日本の学校はただのいじめ過労我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の日本式の学校は、今の日本にはもういらないんじゃないのかな?

これは日本について考えたことだ。国によっては、基礎教育が受けられず、文盲率の高い国もあって気の毒だ。 マララさんも、確か、“One child, one teacher, one book and one pen can change the world.”と国連で演説していたが、日本はもう事情が違う、日本の学校はただのいじめ過労我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパスの素養を持った子どもたち

前の書いた記事のほぼ再掲で恐縮だが、人から聞いた話や、本によると、周囲の大人や環境の影響がそんなに劣悪でもないにもかかわらず、小さい頃から人や物に不思議な残忍さであたったり、動物に異様に残虐とも受け取れる行動をするような子どもたちは、とても残念なことに、存在するようなのだ。どうやらサイコパスに関係する遺伝子-必ずしも直接の遺伝でなく、突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の日本式の学校は、今の日本にはもういらないんじゃないのかな?

これは日本について考えたことだ。国によっては、基礎教育が受けられず、文盲率の高い国もあって気の毒だ。 マララさんも、確か、“One child, one teacher, one book and one pen can change the world.”と国連で演説していたが、日本はもう事情が違う、日本の学校はただのいじめ過労我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパスの素養を持った子どもたち

前の書いた記事のほぼ再掲で恐縮だが、人から聞いた話や、本によると、周囲の大人や環境の影響がそんなに劣悪でもないにもかかわらず、小さい頃から人や物に不思議な残忍さであたったり、動物に異様に残虐とも受け取れる行動をするような子どもたちは、とても残念なことに、存在するようなのだ。どうやらサイコパスに関係する遺伝子-必ずしも直接の遺伝でなく、突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の日本式の学校は、今の日本にはもういらないんじゃないのかな?

これは日本について考えたことだ。国によっては、基礎教育が受けられず、文盲率の高い国もあって気の毒だ。 マララさんも、確か、“One child, one teacher, one book and one pen can change the world.”と国連で演説していたが、日本はもう事情が違う、日本の学校はただのいじめ過労我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパスの素養を持った子どもたち

前の書いた記事のほぼ再掲で恐縮だが、人から聞いた話や、本によると、周囲の大人や環境の影響がそんなに劣悪でもないにもかかわらず、小さい頃から人や物に不思議な残忍さであたったり、動物に異様に残虐とも受け取れる行動をするような子どもたちは、とても残念なことに、存在するようなのだ。どうやらサイコパスに関係する遺伝子-必ずしも直接の遺伝でなく、突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の日本式の学校は、今の日本にはもういらないんじゃないかな?

これは日本について考えたことだ。国によっては、基礎教育が受けられず、文盲率の高い国もあって気の毒だ。 マララさんも、確か、“One child, one teacher, one book and one pen can change the world.”と国連で演説していたが、日本はもう事情が違う、日本の学校はただのいじめ過労我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパスの素養を持った子どもたち

前の書いた記事のほぼ再掲で恐縮だが、人から聞いた話や、本によると、周囲の大人や環境の影響がそんなに劣悪でもないにもかかわらず、小さい頃から人や物に不思議な残忍さであたったり、動物に異様に残虐とも受け取れる行動をするような子どもたちは、とても残念なことに、存在するようなのだ。どうやらサイコパスに関係する遺伝子-必ずしも直接の遺伝でなく、突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の日本式の学校は、今の日本にはもういらないんじゃないのかな?

これは日本について考えたことだ。国によっては、基礎教育が受けられず、文盲率の高い国もあって気の毒だ。 マララさんも、確か、“One child, one teacher, one book and one pen can change the world.”と国連で演説していたが、日本はもう事情が違う、日本の学校はただのいじめ過労我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパスの素養を持った子どもたち

前の書いた記事のほぼ再掲で恐縮だが、人から聞いた話や、本によると、周囲の大人や環境の影響がそんなに劣悪でもないにもかかわらず、小さい頃から人や物に不思議な残忍さであたったり、動物に異様に残虐とも受け取れる行動をするような子どもたちは、とても残念なことに、存在するようなのだ。どうやらサイコパスに関係する遺伝子-必ずしも直接の遺伝でなく、突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の日本式の学校は、今の日本にはもういらないんじゃないのかな?

これは日本について考えたことだ。国によっては、基礎教育が受けられず、文盲率の高い国もあって気の毒だ。 マララさんも、確か、“One child, one teacher, one book and one pen can change the world.”と国連で演説していたが、日本はもう事情が違う、日本の学校はただのいじめ過労我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめっ子の13の仮説・改

いじめっ子は、なぜかしらないが、しつこくいじめにやってくる。いじめられる側をこころよく思っていないのなら、放っておいてくれればいいものの、妙にしつこいようだ。いったいこれはどうしたことだろう・・・。 これはある人から聞いたのだが、いじめっ子がいじめる理由は、13くらいあるらしい。 ①【正義の鉄槌】ルールからはみ出してる者は、暴力的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイコパスの素養を持った子どもたち

前の書いた記事のほぼ再掲で恐縮だが、人から聞いた話や、本によると、周囲の大人や環境の影響がそんなに劣悪でもないにもかかわらず、小さい頃から人や物に不思議な残忍さであたったり、動物に異様に残虐とも受け取れる行動をするような子どもたちは、とても残念なことに、存在するようなのだ。どうやらサイコパスに関係する遺伝子-必ずしも直接の遺伝でなく、突…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の日本式の学校は、もう日本にはいらないんじゃないのかな?

これは日本について考えたことだ。国によっては、基礎教育が受けられず、文盲率の高い国もあって気の毒だ。 マララさんも、確か、“One child, one teacher, one book and one pen can change the world.”と国連で演説していたが、日本はもう事情が違う、日本の学校はただのいじめ過労我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめっ子の13の仮説・改

いじめっ子は、なぜかしらないが、しつこくいじめにやってくる。いじめられる側をこころよく思っていないのなら、放っておいてくれればいいものの、妙にしつこいようだ。いったいこれはどうしたことだろう・・・。 これはある人から聞いたのだが、いじめっ子がいじめる理由は、13くらいあるらしい。 ①【正義の鉄槌】ルールからはみ出してる者は、暴力的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめっ子の13の仮説・改

いじめっ子は、なぜかしらないが、しつこくいじめにやってくる。いじめられる側をこころよく思っていないのなら、放っておいてくれればいいものの、妙にしつこいようだ。いったいこれはどうしたことだろう・・・。 これはある人から聞いたのだが、いじめっ子がいじめる理由は、13くらいあるらしい。 ①【正義の鉄槌】ルールからはみ出してる者は、暴力的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more