そもそも今の学校制度に無理無茶がある

学校にいじめ、いじめ自殺、長期休み明け前後の自殺が減らないのは、明治時代から続く今の学校制度そのものに無理無茶があるからだ。考えてもみたまえ。知らない者同士がいきなりシャッフルされて同じ箱に入れられ、無理矢理一緒に過ごさなければならぬ。そんな状況で必要以上のストレスがたまらない訳がない。もちろん基本を詰め込む必要は否定しないが、べつに学…
コメント:0

続きを読むread more

今の日本式の学校は、今の日本にはもういらないんじゃないのかな?

これは日本について考えたことだ。国によっては、基礎教育が受けられず、文盲率の高い国もあって気の毒だ。 マララさんも、確か、“One child, one teacher, one book and one pen can change the world.”と国連で演説していたが、日本はもう事情が違う、日本の学校はただのいじめ過労我慢…
コメント:0

続きを読むread more

今こそ、学校「ボイコット」の時ではないか!!!

不登校なんて、生ぬるい言葉は、もう不適切だ。登校「拒否」でいい。いや、もう一声、登校「ボイコット」だ。山田玲司の「絶望に効くクスリ3」で、五味太郎の回で、確か「授業をおとなしく受けているのと、授業をさぼって思索にふけっているのとどっちが豊かな青春か?」というような問いを、山田玲司が発していたように思う。(正確な引用でなかったらごめんなさ…
コメント:0

続きを読むread more